病院・クリニックのかかり方

尿もれの症状や膀胱・尿道の不具合は人それぞれ違いますが、生活に差し支える場合や、そのことがいつも気になる場合は、早めに受診しましょう。

「まずは相談」のつもりで受診を

いつ、病院にかかればいいの?

尿もれなどの膀胱・尿道の不具合で困っていても、「受診するしかないの?」「受診すべき?」と迷ってしまうこともあります。 受診のおおよその目安は、仕事や家事、レジャーなど、生活に差し支える場合と、膀胱・尿道の具合がよくないことが心にひっかかって、いつも気になる場合。

尿もれや膀胱・尿道の不具合は、ほかの病気と同じ健康のトラブルです。「まずは相談」のつもりで、迷わず受診しましょう。

受診は泌尿器科・婦人科を

受診する科は、かかりつけ医、泌尿器科、婦人科の中から、受診しやすい施設を選びましょう。 ただし、以下の方は診療先がやや限定されます。

妊娠中の方、授乳中の方

妊娠・出産に関連した問題の可能性が高いので、妊娠・出産のケアを受けた(受けている)産婦人科に相談しましょう。 特に妊娠中の尿もれは、分娩の計画を立てる上でも大切なので、分娩する施設の産科医や助産師に、必ず状況を伝えましょう。

内科などで投薬を受けている方

生活習慣病や持病のある方は、まずは、かかりつけ医に相談しましょう。 身体の状態や投薬の影響で、膀胱・尿道の不具合が起こっていることがよくあります。持病の治療を優先させるために尿もれ治療を見合わせることもあります。

どんな医療機関へ行けばいいの?

「まずは相談」と考えて、地域の泌尿器科・産婦人科、かかりつけ医を受診した場合、基本的な指導や投薬で治療できるときには、そこに継続してかかることになるでしょう。
それ以外は、地域の高次施設を紹介してもらう流れになります。必要な情報提供書は医師が発行してくれます。

インターネットで泌尿器科・産婦人科の受診先を探す場合、「尿失禁治療」や「排尿障害」の診療をしている施設を検索すると、骨盤底の手術を専門にする施設があがってきますが、これらの施設は、どちらかというと手術治療の方向性が明確な人向けといえます。

骨盤底の構造

必ずしも一度で適切な通院先が見つかるとは限りませんが、手術治療に注力している泌尿器科・産婦人科をまず受診した場合には、診断・評価や治療方針の決定などを行なった上で、地域の泌尿器科やかかりつけ医などへ治療の継続をお願いすることが多いでしょう。

賢く医療機関にかかるコツ

受診前

メモを活用しよう

医療機関に行く前の準備として、自分の体の状態を整理しておくことが大事です。

「どんな感じでもれるか」「どんな時に起こるか」「いつから始まったか」などを思い出しながらメモをとります。
「先週より今週のほうが回数が多い」「外出先が危険!」「寒い日にもれやすい」など、自分の生活改善への気づきにも役立ちます。

改善のイメージを描こう

治療するにあたり、望むことを考えてみましょう。

「まずは尿もれの回数や量を減らしたい」「ひんぱんなトイレ通いを減らし、落ち着いて他のことをしたい」「旅行の間だけでもなんとかする薬はないか」「手術してでも治したい」など、具体的な目安を考えてメモをします。

受診当日

困っていることをしっかり伝えよう

受診の際、医師に聞きたいことを書いたメモを持参しましょう。医師の前で緊張して質問を忘れてしまった時、メモが助けてくれます。
受診の時には、「尿もれの(あるいは、トイレの回数の)相談で来ました。これこれの症状で、このように困っています」と相談・改善したいポイントをしっかり伝えることが重要です。
尿もれやその他の排尿障害の重い・軽いは、単純にもれる量やトイレ通いの回数だけでは決められず、それぞれの人の暮らす環境、職業、家事、趣味などとの関わりが大きく、治療によって得られる利得も人によって違います。

有効な治療につなげるために

診察に先立って「問診票」を記入する場合、準備したメモが役立ちます。
医師との問診では、これまでの状況をできるだけ正確に話しましょう。「恥ずかしい」なんて心配は無用。正確な診断のためには正しい情報が必要です。
医師から説明がなく不安に感じたら、「今日の診察でどんなことがわかりましたか?」と自分から聞いてもよいのです。

尿もれの検査・診察について

病院で行なう尿もれや排尿障害の検査・診察には、次のようなものがあります。

尿検査

尿中のばい菌や白血球などを調べ、膀胱炎や尿道炎などの尿路感染を診断します。
また、尿中に赤血球がある場合(尿潜血)は、重大な病気がかくれていないか、より詳しい検査が必要になることがあります。

内診

婦人科の診察と同じですが、子宮や卵巣ではなく、子宮や腟の壁、会陰全体が下がっていないか、また骨盤隔膜や会陰の筋肉、会陰腱中心、子宮の周りの靱帯などの損傷を調べます。さらに、骨盤底や腹筋が正しく動いているかもチェックします。

排尿記録

日常生活での排尿の状態を調べるもので、自分自身で記録をとります。 診察時に持参すると、膀胱の大きさや排尿の間隔、1日の尿量や昼と夜に腎臓から作られる尿の量の配分などをつかむ手がかりとなります。

超音波(エコー)画像検査

身体のどこから超音波をあてるかによって、経腹・経腟・経会陰超音波検査があります。また、データの取り扱い方式により、超音波断層像検査と三次元超音波検査に分類されます。

超音波断層像検査では、モニターの画像で膀胱・尿道や骨盤底の支持組織の状態を観察します。これにより、膀胱下垂、尿道の短縮、膀胱頸部の機能異常、排尿後残尿などが見つかります。

三次元超音波検査では、検査の際に三次元の音響データをいったんハードディスクなどに記録し、後から切り出しやレンダリングなどの加工を行なってデータを解析します。骨盤底筋や括約筋の損傷の観察には、主にこの方法が使われます。

超音波画像検査は、診療所でいつでも行なえ、放射線被曝がなく、得られたデータは保管や情報の移転に使えます。
また、いきんだりすぼめたり、せき払いをするなどの動作を行なって動画を記録することで、尿もれや排尿困難の成り立ちをつかむことができます。


▲経腹超音波検査の様子

▲モニター画面。中央の黒っぽい部分が膀胱。

▲①尿道 ②腟 ③膀胱 ④性器脱修復手術で埋め込んだプラスチックメッシュ

▲経腟超音波検査では、長い器具を腟に当ててモニターで観察

パッドテスト

階段の昇り降りなどの尿もれを誘発しがちな動作を1時間ほど行ない、あてておいたパッドの重さをはかり、もれ出た尿の量を数字に表わす評価方法。
もれの量によって、失禁の程度をおおよそ区別することができます。
また、自宅で行なう「24時間パッドテスト」があり、日常生活でのもれの量を調べます。

ウロダイナミクス(尿流動態検査)

膀胱と尿道の中の圧力をはかる検査です。
一定速度で生理食塩水を注入したり、排尿動作を行なって尿の流出をはかるなど、尿をためたり排尿したりするプロセスに似せて圧力をモニターすることもします。途中で、たまった感じがわかるかどうかの確認を行ないます。

この検査では、尿をためているはずのときに尿がもれてしまう、あるいは、尿を出しているときにスムーズに最後まで排出できない、などの場合に、膀胱と尿道や神経系にどのような問題が起こっているのかを診断します。ひと通り行なって30〜60分ほどの検査です。

早めの受診をすすめる理由

尿もれの治療には、薬による治療や骨盤底筋トレーニングなどの理学療法、尿失禁手術などがあります。
また、排尿の仕方や水分の摂り方など、生活指導を行なう場合もあります。

若い年代ほど、症状が軽いうちに適切な治療を受けたほうが改善しやすいので、できるだけ早く受診することをおすすめします。 女性の膀胱・尿道の不具合には、腹圧性尿失禁など手術治療で大幅によくなるものと、それ以外のものがあります。

もしも手術をすすめられたとしても、生活上の支障が大きくないうちは手術を見合わせる選択もあり、その場合でも、骨盤底筋トレーニングの指導を受けられるでしょう。 また「私の尿もれは手術で治るらしい」と問題点を絞り込めれば、心は軽くなり、「尿もれがこれ以上悪化したら手術を受ける準備をすればいい」と気づくことは、大きな成果といえます。

手術以外の治療では、一般に、若い年齢層で比較的身体機能が良好なうちは、膀胱・尿道の不具合の治療も成果が上がります。 しかし、高齢になり、生活習慣病、足腰のトラブル、神経系の問題を抱えるようになると、膀胱・尿道の不具合の治療を優先できなくなり、尿失禁治療薬の効果も鈍くなります。いずれは通院そのものが不自由になることも考えられます。

このように、膀胱・尿道の不具合の治療は、年齢や心身状況によって一定の制約があるので、受診を漫然と引き延ばすことなく、できるだけ早く受診しましょう。

(監修/中田真木・加藤久美子)

ページの先頭へページの先頭へ