尿もれ百科事典

骨盤底が膀胱・尿道を支えるしくみ

骨盤底とは、骨盤の通り道の出口にある「底」の構造で、筋肉や線維組織で形成され、面積は120~150平方cmほど、20歳代の女性で5~9cmの厚みがあります。

人間は縦の姿勢で生活しており、骨盤底は、膀胱・尿道、子宮、直腸などの臓器を下から支える重要な役目を担っています。

骨盤底は、体内の不要なものを体外に捨てたり(排泄)、次なる生命を育んだり(生殖)するために、骨盤底の中ほどには通路が残されています。しかも、骨盤底が受け止めている荷重は力を入れていないときでも数kgに上ります。

骨盤底は、通過性という機能を残しつつも長期にわたって骨盤臓器を支え続けるしくみを持っているのです。

おなかの中の臓器を下から支えている骨盤低

骨盤底の支持機構には少なくとも3つの成分があります。

(1)膀胱や子宮など骨盤内の臓器を骨盤の壁に結びつける「内骨盤筋膜」
(2)骨盤内の臓器下から受け止めて支える「骨盤隔膜」
(3)骨盤隔膜の中程にある切り欠き部分(「挙筋裂孔」などと呼ばれます)を左右から引き締める「会陰膜」

骨盤隔膜の収縮

健常な骨盤底は、「内骨盤筋膜」「骨盤隔膜」「会陰膜」の力が合わさって堅固な支持力を発揮し、上から圧力を加えたり強く揺さぶったりしても尿道がゆるむことはありません。

骨盤底の支持構造のうち、「骨盤隔膜」と「会陰膜」は筋肉や筋膜でできており、筋肉の成分は、さまざまな動作や所作と同時に強く収縮するため、その瞬間に支える力、閉める力は増強されます。

(監修/中田真木)

※尿もれを引き起こす原因の特定は個人の判断では難しい場合がありますので、専門医にご相談ください。

「尿もれ百科事典」の目次へ

ページの先頭へページの先頭へ