尿もれ百科事典

切迫性尿失禁

尿意を感じてから、トイレに行くまで間に合わずにもらしてしまうタイプの尿失禁。

尿意や刺激などに反応して膀胱が勝手に収縮してしまう、膀胱の過活動によって起こります。膀胱が過敏で不安定になり収縮してしまうのには、さまざまな原因があるといわれています。

例えば、寒さや湿気の多さ、冷え、生理の前、性交、冷たい水の使用、流れる水の音を聞いた時の刺激などがあげられます。

膀胱そのものが小さい場合、不安定な収縮を起こす場合、そのどちらでもなく尿意を感じるとがまんがきかない場合など、いろいろなケースがあります。また、しばしば頻尿を伴います。

その他、中枢神経の疾患、脳出血、脳梗塞、パーキンソン病の後遺症などが原因の場合や、膀胱炎や尿管結石により一時的に膀胱が過敏になっている場合もあります。

水分の摂りすぎ時にも、トイレへ行きたい時に切迫したり頻繁にもよおしたりして、見かけ上、切迫性尿失禁に似た状態になります。

切迫性尿失禁が起きるわけ

切迫性尿失禁や頻尿は、膀胱平滑筋の緊張や尿意をやわらげる薬による治療が効果的です。 軽症の場合、おしっこがある程度たまるまでトイレに行かないようにする「膀胱トレーニング」も効果的です。

(監修/中田真木)

※尿もれを引き起こす原因の特定は個人の判断では難しい場合がありますので、専門医にご相談ください。

「尿もれ百科事典」の目次へ

ページの先頭へページの先頭へ