unicharm 「尿もれケアナビ」は女性の快活生活を応援します
尿もれケアナビ for Women
自分の状態を知る▼ セルフケアで改善する▼ 正しい知識を得る▼ 診断・治療を受ける▼尿ケア用品▼
尿もれの種類
腹圧性尿失禁
せき、くしゃみ、笑う、走るなどの動作をして、腹圧がかかると、少しずつ尿がもれてしまう尿失禁。風邪やスポーツの時に下着が少しぬれる程度の軽症の方が人数としては多いのですが、歩くだけで多量にもれる重症の方もいます。
膀胱や尿道の働きはほとんど正常で、骨盤底がゆるんだり膀胱や尿道が下がるために起こります。最大の原因は、出産によって尿道周囲の靱帯や筋肉がゆるむことや、出産を通して腹圧で尿を絞り出す癖がつくことにあり、「腹圧性尿失禁」の9割以上が出産経験者です。
また、女性ホルモンの低下する閉経前後は、特に腹圧性尿失禁の悪化しやすい時期です。加齢に伴う、骨盤底支持力の低下やエストロゲン欠乏からくる頻尿傾向などが、この時期の特徴です。腹圧性尿失禁は、女性特有の生理現象といえるのです。
軽症の方の多くは、「骨盤底トレーニング」により症状が軽くなります。重症の方でも、最近は簡単な手術によって治るようになってきました。
関連リンク 分娩時の骨盤底へのダメージ
「骨盤底トレーニング」について
尿もれと骨盤底
尿失禁手術(TVT手術)について
腹圧性尿失禁が起きるわけ
骨盤底の筋肉が弱くなりゆるんでくると、膀胱頸部を支えきれなくなり、膀胱や尿道が下に下がってくる。その結果、腹圧がかかると圧力の逃げ場がなくなり、尿もれが起こりやすくなる。
切迫性尿失禁
尿意を感じてからトイレに行くまで間に合わずにもらしてしまうタイプの尿失禁。尿意や刺激などに反応して膀胱が勝手に収縮してしまう、膀胱の過活動によって起こります。
膀胱が過敏で不安定になり収縮してしまうのには、さまざまな原因があるといわれています。例えば、寒さや湿気の多さ、冷え、生理の前、性交、冷たい水の使用、流れる水の音を聞いた時の刺激などがあげられます。膀胱そのものが小さい場合、不安定な収縮を起こす場合、そのどちらでもなく尿意を感じると我慢がきかない場合など、いろいろなケースがあります。また、しばしば頻尿を伴います。
その他、中枢神経の疾患、脳出血、脳梗塞、パーキンソン病の後遺症などが原因の場合や、膀胱炎や尿管結石により一時的に膀胱が過敏になっている場合もあります。
切迫性尿失禁や頻尿は、膀胱の収縮を抑え、緊張をやわらげる薬による治療が効果的です。軽症の場合のセルフケアには、おしっこがある程度たまるまで我慢し、膀胱を大きくする「膀胱トレーニング」があります。
関連リンク 過活動膀胱
薬による治療
切迫性尿失禁が起きるわけ
膀胱が過敏で不安定になった結果、膀胱が勝手に収縮して尿もれが起こる。
腹圧性と切迫性の混合型尿失禁
「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の両方の要素を含んだ、混合型の尿失禁。閉経期の女性の多くがこのタイプといわれています。骨盤底のゆるみがベースにあり、尿道・膀胱双方の機能低下が加わることで起こりやすくなります。そうした症状は加齢により増えてくるもので、そのため閉経期から後、次第にこのタイプの尿失禁が増加します。
いくつかの要素が重なり合ってくるため、治療には多方面からの取り組みが必要になってきますが、このタイプにも「骨盤底トレーニング」や薬による治療、手術は有効です。
関連リンク 「骨盤底トレーニング」について
溢流(いつりゅう)性尿失禁
排尿がうまくできないために膀胱容量いっぱいまでおしっこがたまり、少しずつもれてしまうタイプの尿失禁。尿意がはっきりしない、おしっこが出にくくチョロチョロとしか出ない、腹圧をかけないと尿が出ない、残尿感がある、などの症状がみられます。
このタイプの尿失禁の背景には尿排出障害があり、原因は主に2つに分けられます。ひとつは膀胱の収縮障害です。子宮ガン、直腸ガンなどの手術や糖尿病による末梢神経障害で膀胱の収縮に障害が起きたり、膀胱が伸びて弾力性を失い、縮まらなくなってしまった場合などがあります。もうひとつの原因は膀胱の出口の閉塞で、男性高齢者の前立腺肥大症が代表的です。
原因によって治療法も異なります。尿排出障害で残尿が多くなると、尿路感染症や腎機能障害などの合併症にもつながりかねません。おしっこが出なくなることは、もれてしまうこと以上に危険な症状です。一刻も早く専門医の受診をしましょう。セルフケアとして、自分で残尿を取り除く「自己間欠導尿」がありますが、まずは専門医による生活指導が必要です。
関連リンク 尿排出障害
尿路感染症
自己間欠導尿
膀胱の収縮障害
膀胱が伸びきっておしっこを出す力がなくなり、尿が満タンになってチョロチョロともれる。
膀胱出口の閉塞
尿道が詰まり、おしっこが膀胱にいっぱいになっても出すことができず、チョロチョロともれる。
その他の尿もれ
反射性尿失禁
脊髄や脳の障害により、膀胱におしっこがたまると反射的に膀胱が収縮しておしっこがもれてしまうタイプの尿失禁です。尿意をコントロールできないという意味では、赤ちゃんの排尿と同じような状態といえます。
機能性尿失禁
膀胱や尿道の機能に問題があるのではなく、排泄に関する判断や動作がうまくできないために起こる尿失禁の総称です。運動機能障害により起こるケースと、痴呆などで判断力や認識力が低下し、排泄動作を理解できなくなったために起こるケースの2通りがあります。
機能性の尿失禁は、失禁の治療というよりも、身体的な動きなどへの理解力を深め、介護する人と用具で補いながら改善していくことになります。
薬の副作用による尿もれ
薬によっては、おしっこがもれやすくなったり、逆に出にくくなるなどの副作用を起こすものがあります。
1) 蓄尿障害を起こす薬/尿がもれやすくなる
コリン作動性薬、一部の降圧薬(α遮断剤)
2) 排出障害を起こす薬/尿が出にくくなる
抗ヒスタミン薬、感冒薬、パーキンソン病治療薬、
抗コリン薬、抗アレルギー薬、
睡眠薬、精神安定薬、抗うつ薬、
一部の降圧剤(カルシウム拮抗剤)、気管支拡張剤、
漢方薬の麻黄
性器脱などの原因
子宮や膣壁が下がってくる「性器脱」が原因で尿もれが起こることがあります。
また、性器脱が悪化すると、反対に排尿困難に傾くこともあります。下がった子宮などが膀胱にかぶさるように位置し、尿道が折り曲げられるためです。
関連リンク 性器脱と排尿の不具合
尿排出障害
尿もれケアナビのTopへ戻る 前のページへ戻る
Copyright (C) unicharm corporation 1996-2015 All Rights Reserved.