みんなの尿もれ相談 ドクターが回答

セルフケアのための排尿日誌

自分のおしっこの記録をつけることで、いろいろなことがわかってきます。
医療機関を受診する際にも役立ちます。

排尿日誌とは

排尿日誌(排尿記録)は、膀胱や尿道の機能、飲水と排尿の習慣を医療関係者が把握するために、排尿量、排尿間隔、1日の尿量などを、本人が表に記録するもの。 記録する項目や記入形式はさまざまで、最近ではスマホによるアプリなどもあります。 ここでは、シンプルな排尿日誌について説明します。

排尿日誌のつけ方

・記入し始める時刻は、いつでもOK。まず、日付を記入します。

・排尿のたびに、以下のことを記入します。

排尿した時間
尿意があってトイレへ行ったのかどうか(あったら○を記入)
尿意があって起き出したのかどうか(就寝中に起き出した場合は○を記入)
排尿したおしっこの量(*1)
前回トイレへ行ってからの尿もれ(*2)
排尿時の違和感(残尿感、痛みなど)

・記入開始から24時間経過したら、その次の排尿までを1枚の表に記入して完了。

*1
計量カップなどではかり、1mlの単位を四捨五入します。
*2
パッドをあてている人は、尿もれの量を目分量でメモしましょう。

*印刷しない場合は、同様の書式でノートなどに記入しましょう。

(監修/中田真木)

ページの先頭へページの先頭へ